特定非営利活動法人-共働学舎ロゴマーク 共働学舎について トップへ戻る
新得共働学舎 寧楽共働学舎 信州/南沢共働学舎

寧楽共働学舎
代表ご挨拶
施設概要
四季の案内
寧楽共働学舎

〒077-0465
北海道留萌郡小平町寧楽

●お問合せ―――――――――
neiraku@kyodogakusya.or.jp
寧楽共働学舎の写真



前ページ 次ページ
今年の田植え




2019/06/11

今年も田植えの季節が巡ってきまして、5月30日〜6月1日の午前中で田植えを行いました。最終日、6月1日は例年どおり旭川友の会から5名の有志の方の応援をいただき、そのうちの4名の方が田んぼに入って田植えをおこないました。

写真上
寧楽の田植えの様子を一言で説明しようとするとこの写真になりますでしょうか。
手前のキカイは確か戦前!製で苗を植える位置の印付け機です。で、このキカイで付けた印(盛り上がった部分)に従って手で苗を植えていくということになっております。等間隔かつ一直線に苗が植わるのはこのキカイのお陰です。

写真中
本邦初公開の写真です。田植えが終わった後の混雑する足洗い場です。田んぼの脇を流れる水路が洗い場になっておりまして、アルミ三脚を使って水路に降りて洗います。苗箱もここで洗います。

写真下
お約束の集合写真です。皆さん、お疲れ様!!


救命救急講習会(475号)




2019/04/01

3月29日(金)の午後から恒例となった救命救急講習会が地元の小平消防に講師をお願いして開催されました。
学舎にはAEDがありますが、万が一の時に学舎に救急車が到着するまで約15分、それから救急処置ができる最寄りの留萌市立病院まで約30分、病院に到着するまで計45分ほどの時間がかかります。なので、AEDの取扱いと心肺蘇生法の実習を中心として講習会はとても重要になります。
講習会の様子をお知らせします。

写真上
まずは救急隊の模範演技を。

写真中
今回は交代で心肺蘇生を行う手順を実習しました。心肺蘇生は重労働なので長い時間行うには交代が必須です。

写真下
AEDの準備も交代者による心肺蘇生と並行して行えるよう練習しました。
電気ショックを作動する際は感電を防ぐため両名とも対象者から離れます。


味噌の仕込み(474号)




2019/03/29

小麦受け入れと同じ日に味噌の仕込みを行いました。今回のお知らせは事前に大豆をゆで、麹を作っておいた後の仕込み作業です。


写真上
挽肉マシンを使って大豆を粉砕(正確には挽肉状)にします。これは楽ちんですね。

写真中
手で十分練り込めるぐらいの量を樽に入れ、塩入麹を混ぜ込んでいきます。

写真下
樽いっぱいになるまで写真中の作業を繰り返し、一杯になったらラップを密着させて完了です。その後、食料庫に運び入れ夏ぐらいまで熟成させて使い始めるとのことでした。


前ページ 次ページ
当サイト内に掲載されているすべての文章・イラスト・写真の無断転載、転用を禁止します。
共働学舎 © Copyright All Rights Reserved.
|お問合せ・ご相談はこちら|