特定非営利活動法人-共働学舎ロゴマーク 共働学舎について トップへ戻る
新得共働学舎 寧楽共働学舎 信州/南沢共働学舎

寧楽共働学舎
代表ご挨拶
施設概要
四季の案内
寧楽共働学舎

〒077-0465
北海道留萌郡小平町寧楽

●お問合せ―――――――――
neiraku@kyodogakusya.or.jp
寧楽共働学舎の写真



前ページ 次ページ
救命救急講習がありました(第423号)




2017/03/31

昨日(3/30)の朝10時から1時間ほど、この時期恒例の救命救急講習が母屋食堂で開かれました。地元の小平消防から2名の講師が来ての実技講習です。
心肺蘇生とAEDの使い方が主ですが、心肺蘇生も意識の確認方法や呼吸の確認方法など、細かいところで改正が行われていて、以前覚えたことと違うので頭の中が混乱気味になりました。がしかし、みんな、年々心肺蘇生に自信がついてきていることも確かで、救急車の到着時間が都会より桁違いにかかる田舎ゆえ、この講習は我々にとって文字通り命の講習となってきています。
質疑などもその都度その都度、講師、受講者とも熱意を持って積極的におこわなれていました。

写真上
まずは今年の変更点など、講習のあらましの説明です。

写真中
熱意の証明。「違う違う。押し方はこう、押す位置はここ」と講師のみならず当方からも二人がかりで実技の指導が入ります。

写真下
最後の方で小児を抱えるメンバーからの質問で小児の心肺蘇生とAEDの使い方の補足説明がありました。写真はAEDの説明です。AEDには小児用のモードがあり、ボタンで切り替えるとのことでした。


交通安全講習会が開かれました(第422号)




2017/01/27

今年も恒例の交通安全講習会が地元の小平駐在所のおまわりさんに来舎していただき、2/26(木)開催されました。
内容は地元(小平、留萌)での交通事故の件数や内容、状況などに加えてビデオ教育などです。
毎年同じと言えば同じですが、ビデオでの事故シーンなどを見ていると、自分とは無関係とはとうてい言えない状況があり、文字通り油断禁物、ビデオで示される注意点などを守り、常に初心で運転することの大切さが身に染みます。
KY(危険予知)運転に徹し、是非とも今年も無事故無違反で行きたいと思った次第です。

写真上
駐在さんのお話しの様子です。

写真中、下
ビデオ視聴の様子です。


謹賀新年(第421号)




2017/01/06

明けましておめでとうございます。
旧年中は何かとお世話になりました。
今年も皆様にとって、また、すべての生きとし生けるものにとって、良き1年でありますようお祈り申し上げます。
今年もどうかよろしくお願いいたします。
寧楽共働学舎 メンバー一同


写真
全面凍結した小平蘂川 1月5日撮影。丁度ソーセージ工場の裏あたりの場所です。




前ページ 次ページ
当サイト内に掲載されているすべての文章・イラスト・写真の無断転載、転用を禁止します。
共働学舎 © Copyright All Rights Reserved.
|お問合せ・ご相談はこちら|